チンパンジーとゴリラと猿。

どれも大きさは違っても同じような見た目をしていますよね。

実は、この3種類の動物は見た目は似ていても、強さや知能が違います。

今回は、チンパンジー、ゴリラ、猿の違いについてご説明します。

チンパンジー ゴリラ 猿 違い 強さ 知能

チンパンジーとゴリラは同じ祖先から生まれている

私たち人間とチンパンジーとゴリラはなんだか顔が似ていますよね。

実は、人間とチンパンジーとゴリラは元々同じ祖先で「猿人類の共通祖先」から誕生しています。

進化にしていく過程で、それぞれの動物に分岐していきます。

最初はオランウータン、次にゴリラ、そして、最後に人間とチンパンジーで誕生しました。

チンパンジー、ゴリラ、人間は、同じ祖先「猿人類の共通祖先」であることから、顔や手が似ています。

チンパンジーとゴリラと猿の握力と知能の違い

同じ祖先で生まれていても進化していく過程で、握力と知能が変わっていきました。

それぞれの動物の強さについて説明いたします。

チンパンジー

チンパンジーは知能が高く、人間と同じようにジャンケンやTVゲームをするケースもあります。

握力は平均にして300kgです。

人間と比べると明らかにチンパンジーの方が握力は高いですね。

ゴリラ

成人したオスのゴリラの握力は平均500kgと言われています。

体はチンパンジーや猿よりも筋肉があり、ゴリラのカラダは筋肉で構成されています。

ゴリラは頭もよく、中には、人間の手話を覚えて会話しているゴリラもいます。

スポンサードリンク

猿(ニホンザル)

猿と言われている動物はたくさんいますので、ここでは、動物園や温泉街などで見かけることが多い「ニホンザル」についてご説明します。

ニホンザルの握力は平均30kg。

ゴリラやチンパンジーと比べると握力は強くはないです。

知能はチンパンジーやゴリラと比べると低く、ジャンケンも手話もできません。

ですが、ネコや犬より知能はあるため、楽しい・悲しいなどの様々な感情を感じることはできます。

まとめ

握力の数字だけを並べてみると一番強いのはゴリラですが、ゴリラは穏やかな性格で争いことが嫌いです。

チンパンジーは大人になると感情を抑えられなくなり乱暴になり、時には共食いをしています。

チンパンジー、ゴリラ、猿のなかで一番強くて危険な動物はチンパンジーなのかもしれませんね。

スポンサードリンク