チンパンジーとヒトは、見た目は違いますが少し似ている箇所がありますよね。

チンパンジーの顔はなんだかヒトの顔に似ていますし、二足歩行でまるで小さい子供が歩いているようにも思えます。

今回は、チンパンジーとヒトの脳、筋肉、DNAの違いについて説明いたします

チンパンジー ヒト 違い 脳 筋肉 DNA

チンパンジーとヒトの脳、筋肉、DNAを比較してみる

チンバンジーとヒトでどこか違うのでしょう?

動物なのがチンパンジー、黒い毛に覆われているのがチンパンジーとすぐに答えられますよね。

見た目以外にもチンパンジーとヒトの違いについて詳しくなってみましょう!

チンパンジーとヒトの脳や筋肉、DNAを比較しながら、違いをお話していきます。

脳の違い

チンパンジーの脳の容量は「約400cc」。

現在のヒトの脳の容量は「約1500cc」です。

ヒトは進化していく過程で、どんな逆境でも生き抜くために共認機能を働かせて、脳の容量を大きくしていったと考えられています。

筋肉の違い

チンパンジーのヒトと同じような行動をする時もあるので、筋肉もヒトと同じぐらいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、チンパンジーの筋肉はヒトより約5倍はあると言われています!

実は、ヒトよりチンパンジーの方が、筋肉があるというのは、進化の過程でヒトは筋肉の発達より脳の容量を大きくすることを最優先にしたという研究結果があります。

ヒトは筋肉より知恵をとったということなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

DNAの違い

チンパンジーとヒトのDNAの違いはわずか約1%しかないと言われています。

なかには、チンパンジーとヒトのDNAは「約95%一致している」と言う方もいるようです。

では、このわずかなDNAの違いで、チンパンジーとヒトで分かれてしまったのでしょうか?

「脳の発達遺伝子である10個のDNAがチンパンジーとヒトで差を分けている」という研究結果があるようです。

まとめ

チンパンジーとヒトの違いについてご説明いたしました。

DNAの違いがわずか約1%しかないというのが驚きました。

もしかしたら、チンパンジーもヒトのように進化する未来があるかもしれませんね!

スポンサードリンク